アジアで第5の原人 6万年前、比ルソン島に

ルソン島の話題
Luzon
hideaki
記事: 918
登録日時: 2016年3月23日(水) 07:23

アジアで第5の原人 6万年前、比ルソン島に

投稿記事by hideaki » 2019年4月11日(木) 07:45

フィリピン・ルソン島の洞窟で見つかった歯などの化石が新種の原人と分かったとフランス国立自然史博物館などのチームが10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。現生人類のホモ・サピエンス(新人)が到達する前にいたと考えられ、アジアでは北京原人などに続き5種類目となる。

 化石は5万年前から6万7千年前のものと推定。アジアではこれまでに北京原人のほか、ジャワ原人、インドネシアのフロレス原人、台湾沖で化石が見つかった「澎湖人」が知られている。

 これまで知られている初期人類とは特徴が異なることから、チームは新種と判断し「ホモ・ルゾネンシス」と名付けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2019 ... onews-soci

“ルソン周辺” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]